一般道路の交差点の信号機及び車線について。


群馬県みどり市在住の者です。群馬県の道路の作り方につきましては何年も前から問題提起をして参りました。群馬県と言えば自家用車の一軒当たりの保有台数が全国1位です。女性ドライバーも全国一位です。私が住んでいるみどり市という場所は太田市・伊勢崎市・桐生市など群馬県でも比較的人口の多い地域で自動車部品関連の生産工場や自動車そのものの組み立て工場などがあります。朝夕の通勤時間帯の車の混み具合は高速道路や幹線道路が増えているにも関わらず一向に改善されません。

特に通勤に使用する道路は一車線道路が多く信号待ちは仕方がないのですが信号を右折する車があると必ず後ろがつかえます。一車線を二車線にするには様々な問題があり簡単には出来ないと思いますが、せめて、交差点のところだけ右折用の車線を設けたり右折用の付いた信号機に変えたりすることは出来るような気がします。

後は、とにかく信号機が無い交差点が多すぎるということです。みんな、命がけでそこを通ろうとしています。事故も多いです。通学の子供も危ないです。一時停止の義務違反を取り締まっている交差点は幾つもあります。無駄な時間と経費を使っているお巡りさんが山ほどいて、交通違反者や事故が無くならないのは既得権益を守りたいだけの事でしょうか。こんな田舎で土地も売るほどあるのにおかしな話です。
キレイモ名古屋の予約はこちら

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ